OFF LINE 2008
2008年の活動は以下の通りです。

*デザイン・フェスタvol.28
 *デザイン・フェスタvol.27

■■■デザイン・フェスタvol.28 2008年11月8、9日■■■
1F 西1ホール 0097 

申し込み時にブース位置の希望を記入できた頃だったので、希望した通りの角SP出入り口近くでした。
相変わらず、日本語圏以外のお客さまにはド緊張。
フランス人の御友人といらっしゃていたカナダ人の男性(奥様は鹿児島出身!)
は日本語、英語、フランス語が堪能で通訳いらず。大変、助かりました。
なにはともあれ御友人が喜んでくれて、こちらも嬉しかったです。

この回から現在につながるブースのベースが登場
・バックに絵葉書や栞を飾る。
・ほぼ手描き看板も登場〜
・段差陳列(ALL STARの箱使用)

販売絵葉書>>架空鹿児島観光絵葉書、手描き絵葉書
看板や配布した栞だけでなく販売品に手描きの絵葉書を加えるなど、
“手描き”を活動ラインナップに加えました。

**11月8日(土曜日)**


土曜日のブース完成形(その1):最初のプラン通りに飾ってみたが、色々問題あり。


土曜日のブース完成形(その2):全体図だとこんな感じ。継ぎ足した棒がへなってます。
この時は、下にラグを敷いていました。


手描き看板『絵葉書屋 長崎堂』は出入り口側に掲げました。
売り子さん二人は初回に続き着物です。


エプロンが女給さんっぽい。途中からデザフェスで当日に購入した
和柄のカフェエプロンにチェンジしました。


陳列図:即席段差棚は我ながらイイアイデアだったと思います。
薩摩兵児4枚組セットは、目立つ為か割とイイ反応でした。


初の実演販売に挑戦!普段使っている汚いパレットはなんなのでシェル型の小皿にしました。
でも水入れはモロゾフのプリンが入っていたガラスコップです。
写真を見ながら描いているようですが、雰囲気と葉と茎のパターンを掴むために見ているだけなので
写生とは違います。

**11月9日(日曜日)**


日曜日のブース完成形(その1):絵葉書屋 長崎堂を正面に移動。バックの飾り付けもそれにあわせて変更しています。



端から見るとこんな感じなのかぁ。怪しい〜。こんなところに足をとめてくださった皆様
本当に感謝感謝です。


2日目の実演中:ベレー帽と道中着。ビールを飲みながら絵筆をにぎるなんて、いかにも貧乏絵描き(自虐的)
親が泣くね…


19:00無事終了の瞬間。お向かいのブースのお母さまに撮っていただきました。


今回お配りした手描き栞です。
結構、反応が良かったです。大量生産は出来ないけれど、こういうものに反応してくださる
方々にお渡しできたので満足しております。
文庫本とかに挟んでいただければ、なお嬉しい〜。


ページの上に戻る


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■■絵葉書屋 長崎堂初出展! デザイン・フェスタvol.27 2008年5月17、18日■■■


ブース全体図
これは2日目に撮影。1日目は後ろの壁がむき出しでした。
当日じゃないと近隣のブースさんが壁を使用しているかどうか分からないので布を準備していませんでした。
浴衣の端切れがこんなに大活躍するなんて!
売り子手伝いのDさんが英語の案内を書いてくれました。来客者の殆どが異国の方々だったので急きょ準備。
レンタル品は、会議机/椅子1脚/ハンガー(暖簾とセット見本吊り用。地味な努力で赤の紙テープ巻いてます)
写真では分かりませんが、下は寝ござを敷いています。私はだいたい机の下にいました。


こういうラインナップで絵葉書屋 長崎堂はスタートしました。


準備中
売り子手伝いMさんが「しおり」にアドレスを書いてくれています。
絵葉書を入れている箱は「折り紙で作った箱」。
事前に箱を作って折り目を作り、持っていく時は開いた状態で。かさ張らなくて便利。
箱が軽いので下に「おはじき」を入れて安定させてました。(売り物と間違われたが)


陳列1 1日目に撮影


陳列2 1日目に撮影
後ろのブースの壁が計算外!

ページの上に戻る inserted by FC2 system