OFF LINE 2009
2009年の活動は以下の通りです。


*デザイン・フェスタvol.30
*デザイン・フェスタvol.29

■■■デザイン・フェスタvol.30 2009年10月24、25日 東京ビッグサイト■■■
西1 ブースナンバー 
C-0671 

販売絵葉書>>架空鹿児島観光絵葉書、手描き絵葉書、艶絵絵葉書、コラージュ絵葉書、使用済風絵葉書
初回からの絵柄をだいぶ刷新させました。鹿児島に縁りのある名画へのオマージュ的絵葉書や
ずっとアイデアを温めていた“賤のおだまき”“馬上の美少年”といった
これまでとは少し違った切り口の絵葉書登場。
コラージュBOOKの反応を参考にコラージュ絵葉書作ってみました。
結構、作ってる本人は楽しいがちょっと販売するのは冒険し過ぎました…。
使用済み風は、個人的に他人の文面が書いてある葉書収集が好きなので、長崎堂でもやってみました。
やっぱ、日本語は縦書きだ!


1日目 設営終了直後。折り紙箱を当日、売り子2号(右側に手だけ写ってる)に追加して作ってもらいました。
お隣は偶然にもDF仲間
“ななじゅうご式”さんのブースでした。
このあと、彼女はパリへ旅立った…。


前回まで薩摩兵児の4枚セットに使っていたミニイーゼルは模様替え。


手描き絵葉書は、マグネットボード(vol.27以来、久々登場)とスーツケースで展示
角スペースだからこその荒技。



一応、今回も手描き実演してました。土曜日は割と忙しくてあまり出来ませんでした。
ここ2回ぐらい土曜日の方が忙しいです。日曜日は、人は多いけど反応数はイマイチ。
左の着物姿の売り子壱号は、この日のお昼はショーに出てました。
で、ショーの後、会場内(トイレ?)で着替え。着物をそこで着付けで切るって凄いよ。

..............................................................................................................................................................................................................

上に戻る



■■■デザイン・フェスタvol.29 2009年5月16、17日 東京ビッグサイト■■■
ブースナンバー 
C-0703 
なんと!地元(鹿児島の)新聞の取材を受けた印象的な回でした…。

出展3回目にして、バックのハンガーをレンタルでなく自前で用意。
組み立てが簡単で、送料もそれほど掛らないので複数回使うとレンタルよりお徳です。
前回とほぼ同じバックでも安定感があるので小奇麗に見えます。

販売絵葉書>>架空鹿児島観光絵葉書、手描き絵葉書、艶絵絵葉書
これまで、人物は男性しか描いてなかったのですが…お客さまの声(GEISYAはないのか?)
に応えて、艶っぽい女性の絵葉書(でも緊縛…)登場。
展示物としてコラージュBOOK登場。これが意外と反応がイイ。複雑。



【1日目】
 
もうすぐ開場です。今回も売り子さんは着物(写真は売り子弐号)。


売り子壱号の後ろ姿。



手描き栞とコラージュブック
栞は喜んでいただけるので、なるべく手作りにこだわります。
コラージュブックは、今回、初めて置いてみましたが、なぜか見ていってくださる方が多かった。
服飾系の仕事をしているという、欧米系の男性がエラく気に入ってくれました。
ひとつひとつのディテールがイイとか、クールとか誉めてくれました。
が、絵葉書屋なのに、これが一番イイって嬉しいような寂しいような…。
ちなみに奥さまらしい女性もジャパニーズサブカル大好きって感じでした。

【2日目】


1日目で完売品がでたので少しだけチェンジしてます。


新作>乱れ髪女性。


実は、初めて下駄にトライしたんですが…あまり分からないですね。(ブース内では裸足だし)
ちなみに、↑は地元新聞社の方と話しているとこです。
5月24日付けの南日本新聞に掲載されました。
写真付き…うひゃ〜。


今回も、実演やりました。間が持つからいいね。なぜか傍らに刀が…

刀の正体はジャンプ傘。皆、“どこで売ってるンですか?”と聞くほど、局地的ブームだったが、
あっという間にメジャーになってしまった。
↑は売り子壱号(傘購入者)。古着の着物らしいんだけど鮮やかで決まってます。


たくさんのブースの中から、ウチに立ち止まってくださった方々、ありがとうございます!
(日本語率がまた下がって接客は売り子さん任せでした…。)
購入してくださった方、感想をくださった方、言葉で伝えきれない程、感謝しております。


今回の3人集合写真〜(南日本新聞より)

上に戻る

..............................................................................................................................................................................................................
inserted by FC2 system